*コメントしてくださる方へお願い
このHPではジャンル別にページ分けをしているのですが、 過去記事の各ページにコメントを頂くと管理人、 またその他の訪問者の方が気づかないこともあります。 そこで最新記事のコメント欄へコメントを残してくださるとありがたいです。 過去記事に対する質問、意見なども最新記事のコメント欄で受け付けますので、 よろしくお願いします。

英語検定

ふと思ったのはアメリカで勉強した後、日本に帰って英語検定1級を受けたら合格できるのか!と考えました。
世の中そんなに甘くはないのは分かっているけれど、ぜひ取っておきたいものです。
ちなみに管理人は現在英検2級(高2のとき取得)


Then, let's meet up there at two o'clock!
(じゃあ、そこに2時で!)


☆これは待ち合わせをするときによく使える英語例文です。
 meetの後にupをつけるのがコツで、一気にアメリカ人っぽくなりますよ!
 upをつけることによって「会う」という表現が強調されるので、こういうシーンにピッタリなのです。

小学生に学べ!


Oh, He is spaced out.
(彼ボーっとしてるね。)


☆アメリカ人が良く使う英語フレーズです。
 英語で「ボーっとしている」をSpaced outと表現します。
 なかなか日本人にとっては英語で言いにくい表現ですが、この例文を使えばバッチリですね。

英語漬け

英語漬け

文字通り英語漬けの毎日(アメリカなんだから当たり前か)を送っているわけですが、
大学では英語以外の言語を聞くことも多いです。
スペイン語などはともかく、中国語やインドネシア語などアジア系が多いことに気が付きました。
そして彼らはネイティブより熱心に勉強しています。

今日のフレーズはコレ!

How about a rain check?
(別の時は?)


☆これは友人などから誘われたものの、都合が悪くて行けず、またの機会はあるかどうか聞くときに使うフレーズです。
 「rain check」というのは「雨天時引換券」というもので、
 「都合が悪くて行けなかった時のための引換券」として使われます。
 この例文はネイティブは使うのに、日本人は学校で教わらないタイプのフレーズですね。



Let's get along.
(さぁ行こうか。)


☆日本人からすれば「行こう」は「Let's go」ですよね。
 もちろん全然悪くないのですが、こっちのフレーズのほうがネイティブっぽさが出ると思います。
 ネイティブの会話ではよく使われるので覚えておくといいでしょう。
タグ:英語 英会話

ビジネスでも使える英会話

ビジネスでも使える英会話

英語を話せるビジネスマン!ってかっこいいですよねw
というわけで今回は・・・
日常生活だけではなくビジネスでも使える英会話フレーズを紹介したいと思います。

まずは初級編。

Thank you for asking.
(おかげさまで)

☆なんでもない一言ですよね。ただThank youにおまけをつけただけですから。
 でもビジネスなどではこの一言が大きいんです!
 例えば「風邪をひいてらした〜上司の具合はいかがですか?」
 なんて言われたときにこのフレーズは使えます!
 具体的な近況を答える前に「お気遣いありがとうございます」なんて
 ニュアンスのあるこのフレーズを使えば、より英語のできるビジネスマンへ。

I would like to meet him/her in person.
(彼(彼女)には直にお見受けしたいです)

☆これもビジネス界ではよくつかわれるフレーズ。
 ミソは「in person」。「直接、直に」などという意味があります。
 第3者の話を聞き、その話題をまとめるときにこの英会話が役立つでしょう。

アメリカ人を理解するには!

英会話フレーズ復活!

英会話フレーズ復活!

お久しぶりです。現在アメリカに留学中の管理人カズです。
なんとかアメリカの生活、英語、英会話にも慣れてきたころです。
ということで英会話フレーズの紹介を再開したいと思います!

You can save it.
(言うだけ無駄さ。)

☆これは日常生活で使うことも多いのではないでしょうか?
 たとえば友人が「たまにはあいつにガツンと言ってやらなきゃな。」
 と言ってきたときに「あいつはそんなこと言っても聞かないよ」というニュアンスでこの英会話フレーズを使ってみましょう!
 使いこなせるとかっこいいですよ!

You save it!
(ほっといてくれ!)

☆これは上のフレーズの応用です。
 「save」という単語を「時間を無駄にしない」という意味で使っているので
 「(私にかまわなければ)時間を無駄にしないよ」「私なんかにあなたの時間を割かないで」
 といった感じになります。
 「ほっといて!」というフレーズで「Leave me alone!」しか
 使っていないそこのアナタ!笑
 せひこの英会話フレーズを使ってみては!?

今話題の英会話学習本!
タグ:英語 英会話

英語の番組

FOXチャンネルを見ていたら面白い番組を発見!
「Queer Eye(クィア・アイ)」という番組なんですが、5人のゲイがダサ男を改造するって言う番組です。
5人はそれぞれファッション、ヘアメイク、カルチャー、インテリア、料理のプロフェッショナルで世界的にも有名みたいです。
でもそれを見ながら笑ってる自分の英語がゲイみたいにならないようにしなきゃね(笑)

Whatever.
(何でもいいよ)

☆結構単純かつ、ネイティブが良く使う単語のひとつです。
 しかし結構ネガティブ、もしくはテキトーな雰囲気で「何でも」っていうときに使われるのでそのあたりは注意してください。
 ポジティブに「何でもいいよ」って言いたい時は「Anything is OK」くらいがちょうどいいと思います。

Guess what?
(何だと思う?)

☆プレゼントを渡す時なんかによく使われるフレーズです。
 もしくは「何があったの?」なんて聞かれた時にも対応できるし、便利!
 「What」を他の疑問詞(Where,Whoなど)と入れ替えるともっと幅が広がりますよ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。